塾講師は資格が必要か

学校の先生として生徒を指導する場合には、教員の免許が必要になります。
しかし、このような教員の免許が無くても、塾講師の場合には仕事ができます。
そのため、教育実習も塾講師になる場合には必要ありません。
このような面においては、塾講師に割合簡単になれるということも真実でしょう。

しかし、基礎学力をやはりマスターしておかないと、生徒を教えるためには仕事ができません。
そのため、大手の塾などの場合には、最近は塾講師に対して試験をオリジナルに実施して、塾講師の力量を見極めしていることもあります。
塾でも厳しいところの場合には、教えることがこのような試験に合格しなければできない、つまり仕事を塾講師として行うことができないようなこともあります。
これから、塾の存在価値が社会的にアップしてくるにつれて、間違いなく塾講師に対する見方も厳しくなってくるでしょう。
そのため、従来のように無試験・無資格で塾講師になることが可能である、というようなことは思わない方がいいでしょう。

一方、生徒に勉強を教える塾講師になるためには、基礎学力が必要です。
十分に教える科目の中味を理解する必要があります。
また、塾講師の場合は、昔勉強がよくできたということのみでは仕事ができません。
まだ知識が十分にマスターできていない生徒に対して、分かりやすいように教えるためには、学習内容の基礎的なものの理解が大事です。
本サイトでは、基礎学力が必要、人柄や意欲などが大切、資格は必要ない、についてご紹介します。



◎特集
教員の免許が無くてもできる塾講師のバイトを募集しているサイトです →→ 塾 バイト

Copyright © 2014 塾講師になるのに資格は必要? All Rights Reserved.